SEO対策にも有利!便利なオールドドメインを使ってみよう!

- 中古ドメインの魅力について徹底解剖

中古ドメインの魅力について徹底解剖

中古ドメインを聞いたことがありますか?

ドメインの中古のことですがここでは詳しいことを紹介していきます。


オールドドメインとも言われる

中古ドメインとは?オールドドメインとも言われているのですが、これは一体何なのでしょうか。
普通のドメインとの違いについてですが、これは一度誰かが利用していたドメインのことをいいます。
一度誰かが利用していて手放したというドメインと考えてもらうといいのですが、どちらかといえば手放したというよりも、期限が切れてそのまま放置されたドメインという考え方の方がいいのかもしれません。
オールドドメイン、中古ドメインは実はSEO対策にとても有効に活用することができるという理由からGoogleのページランクも高いドメインは人気ですし、また運営されていた時期が長いドメインなども人気があります。

ドメインの更新期間について

一般的に実はドメインの更新期間というのはすべてのドメインが取得してから1年間なのです。
これはどのドメインでも同じことが言えます。
その期限が切れる前に更新したければ更新手続きをしなければいけません。
しかしもし更新しなければどうなるのかといえば、もしも更新しないとするとそのまま放置していたドメインはオールドドメインとしてこの世の中で新しい利用方法で利用されることになります。

オールドドメインは有利なことがたくさん?

オールドドメインは普通のドメインを利用するよりもたくさんのメリットがあります。
例えばですがこれから新しいサイトを立ち上げてドメインを新規で取得したとします。
そうするとSEO効果を期待するまでにページランクを上げたりするにはたくさんのバックリンクも必要になりますので、リンクしてもらう人を探す必要があります。
その上いろいろと手続きなどもしていかなければいけませんので、とても大変な作業ですし時間もかかるでしょう。
しかし中古の場合は既にここまでの過程が構築されているのです。
古いドメインは前の情報をそのまま受け継いだ状態で中古として取引されているのです。

過去の情報がそのまま受け継がれるので便利

なぜここまで人気があるのかといえば、例えば過去にサイトを運営していたとき、Googleのページランクがとても高かった場合には、中古として購入してからもその情報はまた手に入れることができるので便利なのです。
何もしなくてもあなたが新規でサイトを立ち上げたとしても、過去のGoogleのページランクがそのまま表示されることになります。
ですからどんなサイトを立ち上げたとしても、初日からページランクが上ということになります。
新規だとここまでページランクを上げるのには時間がかかります。
新規の場合は例えば、サイトを立ち上げてかなりクオリティの高い内容で作成したとしても、Googleが認識してくれるまでに時間がかかりますし、たとえ認識をしてもらったとしてもそこからページランクの上位に上げるとなるとかなり時間がかかってしまうのです。
すぐにでも集客率をアップさせたい、SEO対策をしたいと思っていても実際のところ新規のドメインでは限界がありますし難しいのです。

バックリンクもそのままついてくる

ページランクをあげようと思ったらバックリンクもたくさんなければいけません。
新規でサイトを立ち上げた場合には、このバックリンクも一から提携先を探してリンクをお願いしなければいけませんでした。
しかし中古の場合はページランクだけでなく、バックリンクまで引き継いでくれますので、わざわざ新しいサイトを立ち上げて一からリンク先をお願いするような面倒な手間が省けているのです。
かなりSEO対策が期待できるので人気です。

リスクは高いので注意

実はSEO対策にはとても効果があるのですが、リスクがあるという点を忘れてはいけません。
Googleでは現在のところも中古で効果があるということはわかっているのですが、今後どうなるかはわかりません。
もしかするとGoogleが改訂をして、中古でのドメインはこれまでの情報は引き継がないとすれば何の価値もなくなってしまいます。
新規ドメインと同じことになってしまいます。
これから利用を検討している人は、Googleの動向などもチェックしておいたほうがいいでしょう。
場合によっては検索エンジンの見直しなどが行われた結果、これまで引き継がれていたデータは引き継がないことに決めることもあるかもしれませんので、十分に注意したほうがいいでしょう。

新規ドメインではなくて、中古を利用するメリットはたくさんありますし、SEO対策を考える人に取って効果があります。
そのために人気ではありますがリスクやデメリットなども多少なりともあるということは理解しておいたほうがいいでしょう。